相続税はいる?いらない?

相続税

インターネットでたまたま話題になるのが「相続はいるかいらないか」という論争です。

確かに相続税は必要かどうかわからなくなることが多いです。
実際に相続税に関しては「意味不明」という意見もあるほどです。
それはそのはずで、そもそも相続するものに関する土地や建物などの不動産、その他の現金などは被相続人が手に入れたものだと言えるでしょう。
もちろん購入する時には他の税金も支払っていますし、所有しているだけで固定資産税なども支払ってきたはずです。
それにも関わらず、それらを相続するだけでも税金を搾取するのがこの国のやり方です。
もちろん、国が国として運営していくためには、税金は必要です。
しかし、相続税に関してはもともと所有して側から所有していない側に相続するだけなので、そこで税金が取られるということに納得できない人も多いと言えます。

単純に相続自体には税金がかからず、土地や建物を相続して、その固定資産税を支払っていくのなら納得できる方も多いでしょう。
所有権が被相続人から相続人に移るのだから、固定資産税などを支払う義務が発生するのがわかります。
しかし、相続に関しては国自体がグレーゾーンなことをしていると考えて良いでしょう。
だからこそ、インターネット上でも「いる」「いらない」などの論争が巻き起こっているのです。
もちろん、国も安定して財源を確保したいため、より安定かつ慢性的に徴収できる税金が必要となります。
相続の場合は所有者が亡くなる度に発生するものなので、当然ですが国にとってはより良い税金徴収方法となるでしょう。
高齢者が増加している昨今、日本ではこの相続税が大きな負担となっています。
もちろん、税金はより稼いでいる人、資産や財産を持っている人から搾取するようになっているので、その点では世の中に出回るお金の再配分にも繋がってきます。
しかし、一般の方にとってはやはり負担も大きいでしょうし、納得できない場合もあるでよう。

正直、相続税がいるかいらないかという点は、単純には答えが出せません。
こればかりは国が考えていることなので、一概に批判することも賛成することもできません。
だからこそ、逆にグレーな状態になっているのかもしれません。
なお、税金はどうしても支払い義務があるので、国民である以上は支払わなくてはなりません。
どうしても納得できない場合は、税理士などに相談して少しでも節税や税金対策ができるようにしておくと良いでしょうね。

相続税の基礎控除についての相談

相続税の基礎控除については、自分で計算し、適用する必要がありますが、これによって税金がかかったり、かからなかったりするわけですから、非常に大事なステップです。
ここで計算間違いをすると、税金の計算がすべて間違うこともありえます。
税金の申告に慣れていない方など、誰かに相談したいことも多いでしょう。
そんなときはどうしたらいいでしょうか?
続きを読む 相続税の基礎控除についての相談

相続税の基礎控除と期限

税金の支払いに期限があるのは有名ですよね。
この期限を過ぎた場合、本来必要だった税額よりも納税額が増えます。
このようなペナルティがあるため、相続税も必ず申告期限までに納めるのがおすすめされますが、もし期限を過ぎた場合、基礎控除がなくなるといったことはあるでしょうか?
続きを読む 相続税の基礎控除と期限

相続税の基礎控除の例

実際に相続税を計算する前には、基礎控除を計算し、それを引くという流れになります。
控除金額をどのように計算し、それをどう適用するのか、例を使ってご紹介しましょう。
まず控除額の計算ですが、これはそれほど難しくありません。
3000万円+法定相続人の数×600万円という計算式だからですね。
続きを読む 相続税の基礎控除の例

受取人などで決まる相続税の基礎控除

相続税の基礎控除は、基本的に誰がどの財産を受け取るかといったことは考慮せず、その相続で確定した法定相続人の人数で機械的に決まります。
ところが、その財産の詳細や受取人で決まる特殊な基礎控除もありますから、その財産とともにご紹介しましょう。
続きを読む 受取人などで決まる相続税の基礎控除

相続税の基礎控除の意味

相続税には基礎控除があり、まずはこれを計算するのが基本ですが、これの意味はなんでしょうか?
遺産をすべて計算し、そこから基礎控除を引くというのが基本的な計算になるものの、意味がわからないとこの計算の意味もよくわかりませんよね。
基礎控除とは、そこまでは税金がかからないという免除金額のことです。
続きを読む 相続税の基礎控除の意味

相続税の基礎控除の推移

税金の計算式は、昔からずっと同じだと思われがちですが、法令の改正があると変更になります。
これがあった場合は、古い計算式と新しい計算式をきちんと把握し、新しい方を使うことが大切です。
相続税の基礎控除も同じですから、これを間違えずに計算するためにも、この推移をご紹介しておきましょう。
続きを読む 相続税の基礎控除の推移

相続税の基礎控除額の計算式

基礎控除額は相続税を計算する上で、非常に大事です。
これによって相続税がかかるかどうかが決まるからです。
できれば非課税になった方が嬉しいですよね。
その肝心の基礎控除額は自分で相続税の計算をして確定する形式になっています。
その計算式はどうなっているのでしょうか?
続きを読む 相続税の基礎控除額の計算式

相続税の基礎控除額とは

相続税の基礎控除額とはいくらになるのでしょうか?
これは最低でも3600万円、相続人が2人以上いるなら4200万円以上となります。
なぜそのように一定ではないのかといったら、これは法定相続人の数によって金額が変わる部分があるからです。
これがいくらになるのかは、それぞれのケースに応じて計算する形になりますから、必ずいくらとは決まっていないのです。
続きを読む 相続税の基礎控除額とは