相続税の基礎控除の変更はいつから?

相続税の基礎控除は大きく金額が変更になると話題になりました。
これはいつから適用されたのでしょうか?
これは平成27年の1月1日からとなります。

これ以降に起きた相続については、古い基準から新しい基準へと移行しないといけなかったのです。
そのため現在ではその新しい基準となる3000万円+法定相続人の数×600万円という基準で、相続税を計算しています。
この基準に変わってから、相続税は事実上の増税をされたとよく言われます。

増税と言われたら税率を上げるといったイメージが強いかもしれません。
しかし基礎控除の金額が変わったこの改定も、相続税にとっては増税だったのです。
以前の計算式は、5000万円+法定相続人の数×1000万円となります。
変更後の計算式に比べて、金額が大きいですね。

これで実際に基礎控除の金額を計算してみましょう。
遺産の金額は1億円、法定相続人の人数は4人だったとしましょう。
旧計算式の場合、5000万円+4×1000万円となり、基礎控除は合計9000万円です。
遺産が1億円あっても、課税対象になる遺産は1000万円しかありません。

これに対して現在の基準で計算すると、基礎控除は3000万円+4×600万円となり、合計5400万円となりますね。
これだけしか控除がないと、課税対象となる金額は4600万円にもなります。
相続税の計算はこの課税対象になった金額を法定相続人同士で分け、それに税率をかける形となりますから、結局はこの課税対象の遺産が高いほど、相続税も高くなります。
つまり基礎控除が以前より縮小され、課税対象金額が高くなりやすくなったため、それだけ税額も高くなりやすくなったわけですから、事実上の増税というわけです。

このように基礎控除が変更されたこの改定は事実上の増税となるため、いつからこれが適用されるのかと、以前からかなり話題になったのです。
遺産の総額が高い方ほど、以前の基準で計算できた方が有利ですが、相続税はその相続が発生した時点での規定に沿って計算しますから、平成27年の1月1日以降に相続が起きたら、たとえそれがずっと以前に作った財産の相続だったとしても、新しい基準で計算しないといけません。
いつから新基準となるのか、迷ったときはこれらのことを確認してください。