相続税の基礎控除額の計算式

基礎控除額は相続税を計算する上で、非常に大事です。
これによって相続税がかかるかどうかが決まるからです。
できれば非課税になった方が嬉しいですよね。
その肝心の基礎控除額は自分で相続税の計算をして確定する形式になっています。
その計算式はどうなっているのでしょうか?

これは非常に単純な計算です。
まずは法定相続人の人数を考えてみてください。
自分1人なら1人、ほかにあと1人いれば合計2人と、今回の相続で正式に法定相続人へ確定する人の合計人数が必要です。

ちなみに法定相続人とは、今回亡くなった被相続人の財産を相続する権利を持っている人のこと。
誰がその人になるかは、故人との関係性で自動的に決まります。
もし故人に子供がいれば、その子供と故人の配偶者が法定相続人に決まります。
そのため基礎控除を計算するときは、法定相続人となった子供の人数と配偶者の人数を合計してください。
もし子供がいなければ、故人の両親や祖父母など直系尊属と故人の配偶者が相続税に確定します。
このケースになった場合は、それらの人数を合計して基礎控除額を計算してください。

その計算方法ですが、法定相続人の人数に600万円をかけます。
1人なら1×600万円で600万円。
2人なら2×600万円で1200万円。
3人なら3×600万円で1800万円になりますね。

このように法定相続人の人数に応じた基礎控除を計算したら、これにさらに3000万円を足します。
これは法定相続人の人数には関係ありません。
どんなケースでも3000万円は一律で控除されます。

すべてを合計すると、たとえば法定相続人が1人なら合計3600万円、2人なら4200万円、3人なら4800万円になりますね。
これがそれぞれのケースでの相続税の基礎控除額になります。
計算式自体は非常に簡単ですね。
もし間違えるとしたら、法定相続人の人数に応じた部分です。
ここは相続人が合計何人いるのか、それを正しく見積もらないと間違えることもありえます。
計算式自体は簡単ですが、自分の相続人の人数などを正しく計算できないと間違えることがありますから、ここは注意してください。