相続税の基礎控除の例

実際に相続税を計算する前には、基礎控除を計算し、それを引くという流れになります。
控除金額をどのように計算し、それをどう適用するのか、例を使ってご紹介しましょう。
まず控除額の計算ですが、これはそれほど難しくありません。
3000万円+法定相続人の数×600万円という計算式だからですね。

ここでは法定相続人が3人だったとしましょう。
このときの基礎控除額は、3000万円+600万円×3となり、合計4800万円となります。
計算するとき、3000万円と、法定相続人の数×600万円の計算の順番を間違えないようには注意してください。
たとえば3000万円と600万円を先に足し、これに法定相続人の人数をかけるという計算は間違いとなります。

もし間違えそうなら、先に法定相続人の人数に応じて決まる金額を計算してください。
今回の例では法定相続人が3人ですから、600万円×3で、1800万円です。
これに3000万円を足して、合計4800万円が相続税の基礎控除となるわけです。

これが計算できたら、次にどうするのでしょうか?
この基礎控除は、課税対象となる遺産の総額から引くのです。
相続が起きた後、故人の遺品を整理し、それらが合計していくらあるのか、現金価格で集計します。
故人が残した現金や預金はもちろん、自動車や不動産、宝石、貴金属、株式など、故人の持ち物だったものはすべて集計し、現金価格に直して合計いくら遺産があるのか、それを明らかにします。

合計したこの現金価格に相続税がかかってくるのですが、このときに一定の金額までは税金を免除されるのです。
その免除金額となるのが、基礎控除になります。
ですから、この基礎控除を計算した後は、先に集計している故人の遺産の総額からこれを引きます。

遺産が総額で1億円あった場合、1億円‐4800万円となり、計算結果は5200万円になりますね。
この5200万円は何かというと、これが相続税の課税対象金額になるわけです。
総額1億円の遺産のうち、4200万円までは基礎控除の範囲内として課税を免除され、残りの5200万円にだけ相続税がかかるのですね。
このような例も参考にしつつ、適切に計算して適用してください。